クラミジアにはジスロマックが定番ですが細かく言うと細菌の感染症にはジスロマックが効きます。ですので性病以外にも細菌の感染症には万能な効果を発揮してくれます。自宅に常備しておくと重宝すること間違いなし。

横浜のクリニックで性病は何科?有効なジスロマック

考える女性

横浜では性感染症にかかる方が増加しています。
特に若い世代で増加しているのが問題視されておりますが、性感染症にかかっても最初は発熱やだるさなど風邪の症状と似ているため、初めての方は気づかない可能性もあります。
ただしいつまでたっても発熱が治らなかったり、性器が熱を持ってただれてきたり、水疱ができたりして性感染症にやっと気づくという方が多くいらっしゃいます。
性感染症は出来るだけ早くクリニックを受診して診察を受け、薬を処方してもらうことが大切ですが、特に横浜で感染が増えている若い方などは性病は何科かわからなかったり、恥ずかしくて敷居が高いと感じてしまうケースも多くあります。
横浜のクリニックで性病は何科かということに関しましては男性の場合には泌尿器科、女性の場合には婦人科を受診するのがおすすめですが、性病は何科かわからない場合には内科を受診しても効果のある薬を処方してもらうことができます。

こうしたクリニックで性病に処方されるのがジスロマックです。
性感染症は感染力が強く、なかなか治りにくいケースもあり、以前は長期間治療にかかったのですが現在はこのジスロマックが複数の性感染症に効果的ということで多く処方されています。
ジスロマックの長所は飲み忘れを防げるというところです。
抗生物質は飲み忘れてしまったり、途中で治ったと判断して自分で服用をやめてしまうことで、菌に耐性がつき余計に治りにくくなってしまう弊害があります。
ジスロマックは一回の服用で7日間効果を持続することができるので、薬の服用のし忘れを防いで、効果的に性感染症を撃退することができます。
パートナーが性感染症に感染した時には予防としてこのジスロマックを服用することもあります。

人気記事一覧