クラミジアにはジスロマックが定番ですが細かく言うと細菌の感染症にはジスロマックが効きます。ですので性病以外にも細菌の感染症には万能な効果を発揮してくれます。自宅に常備しておくと重宝すること間違いなし。

ジスロマックは性病以外にも効く?

考える男性

ジスロマックは性病の治療薬だと思っている人も多いものですが、そのようなことはなく性病の治療にも使うことができる薬というのが正確なものとなっています。
性病の治療の際に広く処方されることが多いジスロマックだけに、この薬のことを性病治療薬だと考えている人も多いのですが、実際には幅広い病気の治療に使用をすることができる万能な薬となっているのです。

ジスロマックは一度飲めばその効果がしばらく持続する抗生物質であり、飲み忘れの心配というものがないので様々な場面で使用されることが多くあります。
ジスロマックは悪い菌を殺す働きがある薬なので、性病に限らず菌による影響によって人体に何らかの影響が出ている時に使用されるものであるので、必ずしも性病だけに処方されるものではなく性病にしか効かないというものでもありません。

喉頭炎や扁桃炎といった喉が炎症を起こしているような場合にも使用をされますし、菌によって肺炎などを起こしてしまった時などにも使われることがあります。
急性気管支炎といったものにも使われることがあり、様々な場面で処方をされることが多いものとなっているのです。
そのため、性病科だけで処方される薬ではなく一般的な内科などにかかった時にも処方をされることがあり、性病以外にもよく効く薬となっています。
抗生物質を服用する時の注意として必ず決められた期間飲み続けることが大事であり、自己判断によって服用をやめたり量を減らしたりしてしまうと菌が耐性を持って治りづらくなってしまったりするので注意が必要です。
ジスロマックは一度の服用で効果が持続するので、このような事態にはなりにくいようになってはいますがそれでも注意は必要となっています。

人気記事一覧